プロジェクトのアイテム総数を取得


スクリプト[GET]

app.project.numItems

関連Tips

サンプルスクリプト

# アイテム総数:itemNo(整数)
var itemNo = app.project.numItems
alert('アイテムの総数:' + itemNo)

おまけ

以下のコードでも同じ結果を取得できます。

app.project.items.length

テキストレイヤーのフォント名を取得する


動作確認済みAEバージョン:22.3.1

フォントを指定する際、AEが認識している形(PostScript name)で書かなければ指定できない。
もし指定したフォント名で設定ができない場合、間違えている場合があるので以下の手順で調べましょう。

スクリプト[GET/SET]

app.project.item(index).layer(index).property("Source Text").value.font

※index: 1~??? の整数

関連記事

スクリプト実行準備

  1. 新規コンポジション作成(設定は適当)
  2. テキストレイヤーを作成(適当に入力)
  3. 調べたいフォントを選択

スクリプトを実行

上記のスクリプトはフォントを取得した後、スクリプトが終了します。
ユーザ側で確認できるように、アラートダイアログか情報パネルに表示する必要があります。

◇アラートダイアログに表示◇

alert(app.project.item(1).layer(1).property("Source Text").value.font);

◇情報パネルに表示◇

writeLn(app.project.item(1).layer(1).property("Source Text").value.font);

スクリプトの解説

◆テキストレイヤー

property("Source Text")

プロパティは『”Source Text”』または『”sourceText”』を設定することで取得できます。

◆値を取得

.value

◆フォントを取得

.font

レイヤーを指定


動作確認済みAEバージョン:22.3.1

app.project.item(index).layer(index)
layer(index)

『index』は1~?? の整数

?? はレイヤー数に依存します。

次の画像の場合、
 テキストレイヤーの index は1
 平面レイヤーの index は2

エラーメッセージ

実行コードメッセージ原因
app.project.item(1).layer(0)パラメーター1のため「layer」を呼び出せません。範囲に値がありません。レイヤーがない場合に選択しようとしたため。
app.project.item(1).layer(2)パラメーター1のため「layer」を呼び出せません。値2は1から1の範囲外です。レイヤーが1つしかない場合にレイヤー2を選択しようとしたため。

関連記事

After Effects スクリプト作成の基本[ver.22.3.1]


概要説明

Adobe After Effectsのスクリプトは、編集を自動化したり、テキストファイルを読み込みテキストレイヤーとして変換させたり、アプリケーションを制御することができる拡張機能です。言語は『javascript』を使用して書くことができ、拡張子は『.js』です。


準備するもの

◆テキストエディタ
 メモ帳でもコードを書くことができますが、シンタックスハイライトに対応していたり、デバッグもできる
 『Visual Studio Code』を使用するのがおすすめです。
 ダウンロードはこちら:https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

※このサイトでは、VScodeを使用している前提で説明します。
 デバッグ環境構築は以下を参照ください。
 https://qiita.com/masato_makino/items/83aea2d7f7603c4f311a


簡単なスクリプトを作成してみる

◆新規ファイルを作成

<メニューバー>[ファイル] → [新規ファイル] または { Ctrl + N }

◆言語を変更

1. 右下の『プレーンテキスト』をクリック。
2. 検索バーに『javascript』と記入。
3. 対象を選択
右下が『javascript』になれば完了です。

◆メッセージを表示する

まずは、AfterEffectsでスクリプトを実行したときに正常に動いているか、どこまで成功していて、どこでエラーが発生しているかなどを確認(デバッグ)するときによく使用するコードです。

alert('ここに入力したメッセージを表示')

ファイルを保存

任意の場所に保存してください。自動的に拡張子が『.js』になります。


スクリプトの実行


1. After Effectsを起動する。
2. <メニューバー>[ファイル] → [スクリプト] → [スクリプトファイルを実行]
3. 実行したいファイルを選択

◆実行結果

以下の画像のようにメッセージが表示されたら成功です。


もしこのように『'(シングルクォーテーション)』を記入し忘れた場合は、エラーメッセージが表示されます。
『'(シングルクォーテーション)』または『”(ダブルクォーテーション)』で囲まれた範囲は文字列と認識され、囲まない場合は変数と判定されます。

alert(ここに入力したメッセージを表示)

スクリプトのインストール

スクリプトのインストールを行うと、毎回ファイルを選択して実行しなくて良くなります。

◆インストール手順

1. <メニューバー>[ファイル] → [スクリプト] → [スクリプトファイルのインストール]
2. 追加したいファイルを選択
3. After Effectsを再起動

◆アンインストール

インストールは以下に保存されているので、削除してAfterEffectsを再起動すれば適用されます。
C:\Users\<Username>\AppData\Roaming\Adobe\After Effects\<version>\Scripts